台湾日語教育学会 J-GAP TAIWAN第32回例会(全文PDF

日時:2015年6月7日(日) 13:30~17:00 (12:30~受付)
主題:JFS B1レベルの活動デザイン -「まるごと日本のことばと文化 中級1(B1)」試用版を例に-
場所:(公財)交流協会台北事務所 B1 文化ホール
講 師:藤長かおる先生
司会: 工藤節子先生(東海大學)
賛助:国際交流基金
参加者:32名(大学、中等教育、補習班の日本語教師、院生)

時間 内容
13:30- 発表者 紹介・挨拶0.先生の紹介

1.本日の流れ

1.海外のB1レベル学習者のための学習デザイン

2.ワーク「まるごと 中級1(B1)」教材分析

3.授業の実際と今後の可能性

2.教材の内容紹介

J-GAP Taiwan第32回月例會a

J-GAP Taiwan第32回月例會a

海外のB1レベル学習者のための学習デザイン

自立した言語使用者とは

・日常的なコミュニケーションであれば、日本語を使って自分でたいていのことを行える。

→・オーセンティックなテキストでも扱える。

・全て理解できなくても課題が遂行できる。

・日本語の限界はストラテジーで補える。

教材作成で重視したこと

①海外で、実際にありそうな場面・タスク

②できるだけオーセンティックな素材の使用

③わからないものがあっても気にしない態度を養成

④ストラテジーの育成を重視

⑤学習者の気づき、モニターを重視

⑥異文化理解につながるトピックと活動

トピックは多岐に渡っている。

J-GAP Taiwan第32回月例會b

J-GAP Taiwan第32回月例會b

トピックの流れ

1.聞いてわかる。

2.会話する。

3.長く話す。

4.読んでわかる。

5.書く。

教材作成時の留意点

海外の学習者にとっての課題遂行

場面、目的、タスクを明確にして設定

これを達成するための練習・素材のデザイン

14:20- 実際の教材分析話し合い

Part1準備+聞く

(一班目)①ストラテジー

②素材のトピック性

③タスクの順番

(二班目)①場面-言語形式の気づき

②トップダウン形成

③課題遂行の爲のストラテジー育成

⇒・聞き手の立場を明確化した、目的をもった聞き取り

・段階的に理解する。

・ストラテジーに注目する。

・理解したことから言語を学ぶ。

Part2 会話する

J-GAP Taiwan第32回月例會c

J-GAP Taiwan第32回月例會c

(三班目)①会話の流れ

②場面内の人間関係

③練習の一貫性

(四班目)①自然な会話の流れ、表現

②耳からの学習

③汎用性

⇒・海外でありそうな会話場面の課題遂行

・会話のインプット

・言語項目の練習

・会話のストラテジー

・發音

・ロールプレイ

Part3長く話す

(五班目)①基本から応用へ

②会話の流れの形式を

③まとまりのある内容

(六班目)①最終的に自己表現

②思考活動

③段階的な手順

⇒・実際にありそうな会話場面で、特定の相手と、まとまりのある話をする。

・モデルテキストを聞く。

・表現の確認。

・再話

・言いたいことを話す

Part4

(七班目)

①ジャンル

②タスク

③ストラテジーの構成

⇒・文脈のある読解(どんな場面で何の目的でこのテキストを読んでいるのか)

・内容の理解が目的

・ルビがない素材を読む。

・様々なフォントに接する。

・読むためのストラテジー

・スキーマの活性化と予測

・自分の意見を話す/自国と比較する。

Part5

(八班目)

①レアリア

②自己表現

③実際的、実用的

⇒・実際にありそうな場面での「書き」

・キーボードでの入力が前提、手書きができなくてもよい。

 

これまでとの違い

・読解分を用いた表現の学習が中心

・細部まで全部理解することを期待しない

・コントロールされたテキストもあり、実際の言語使用にながるように

Q 電子版にすることはできるのか

J-GAP Taiwan第32回月例會d

J-GAP Taiwan第32回月例會d

A 電子版での出版も考えている。部分部分で教材を使うことは現時点ではまだ検討中である。

Q 海外を対象とした理由は何か

A もともと基金は海外について日本語教育を考えている。タスクを考えると、海外と日本国内どこでも使える教科書は難しい。

 

發表迴響